精神病を医療機関で克服する【メンタル強化サポート】

先生

心を病む人が増えています

女性

早めの対応が必要

現代社会は高度に発達した情報化社会です。モバイルツールの普及で情報の伝わり方は更に加速しています。映像や音といった膨大な情報は人の生活をより安全で便利にしています。しかしその反面、急激な社会の変化は人の心に大きな影響を与えています。倫理観やモラルといった常識という枠が崩れはじめ、一方では不安や恐怖といった感情が増加しつつあります。その様な社会状況に対して癒しを求める人も増え、アロマテラピーやヒーリングといったリラクゼーションを目的としたものに人気が集まっています。この様な社会では職場や日常生活で生じるストレスを上手に解消できない人は精神的な負担が増していく事があります。ストレスのはけ口を食べる事に向けて解消しようとすれば、摂食障害を引起す事もあります。過食症や拒食症といった食生活の乱れにより交感神経と副交感神経のバランスを失い、質の良い睡眠を得る事もできなくなります。睡眠障害により集中力を失い、日中の仕事に影響がでれば更に気分の落ち込みを感じる事になります。この様な心と体の状態である人はできるだけ早く対処をする事が必要です。心の病となれば、放置せずに専門家による治療をはじめる事が先決です。自覚できない人もいるので、職場や自宅での行動や言動に異変があれば周囲の人が早急に対応する事が必要です。早く治療を開始できれば社会復帰も早まります。

個々に応じた治療が必要

心の病とは非常に多くの症状に分類され、専門とする医師も異なります。一般的にうつ病や統合失調症等は精神病として扱われます。社会環境によるストレスが原因で体調に変化を及ぼす心身症やその他の人格障害は精神病とされない事もあります。しかし実際に心の状態が原因で仕事や日常生活に影響がある場合に的確に自己分析する事は不可能です。自覚している場合でも人から指摘された場合でも、とりあえずかかりつけの医師の診察を受ける事が先決です。内臓やその他の部位の疾患による症状であれば、その部位の治療が優先されます。心身症と診断されれば心療内科での治療が行われ、その他の精神病なら精神科を紹介されます。心療内科や精神科では抗うつ薬や向精神薬を使用した薬物療法を中心として行われます。更に症状に応じて各種心理療法による治療を受けていきます。薬物療法を受ける場合には自己判断で薬を止める様な事はせずに必ず医師との相談の上で減らす等の注意が必要です。精神病の治療は長期間を要するので、根気よく続ける事が必要です。入院が必要な場合もありますが、自宅での生活習慣が治療には大きく影響します。医師のアドバイスをしっかり守り、規則正しく過す事も大切です。