精神病を医療機関で克服する【メンタル強化サポート】

女医

メンタルを強くするために

悩み

近親者との接し方は指針

多くの精神病は目に見えない病気でもあるため、わかりずらく、また改善も難しいやっかいな病気であると思われがちですが、しかし人間なら誰しも心の弱い部分はあります。また心が弱くないと思っていた人でも精神病を患うことがあります。言い換えれば、精神病に罹りにくい人というのはいません。人によっては心の弱い部分がコンプレックスとなってしまい、ちょっとしたことが原因として精神病にかかってしまう事があります。また、ネガティブなことだけが原因ではなく、ポジティブなことがきっかけとなり精神病が発症されるケースもあります。例えば産後うつなどという言葉は近年テレビなどでも良く聞かれる言葉になってきています。本来喜ぶべき事でも環境変化が負担に感じてしまい、鬱病が引き起こされることもあるのです。ただ、いずれにしてもそうしたメンタル面においての変化をいち早く感じ取ることができるのは家族や親友など近親者です。これは日常生活において行動を共にしたり、または会話を良くしているためです。信頼できる人との会話は、その人にとってのメンタル面での負担がわかりやすく、精神状態のバロメーターとして参考にする事が出来ます。精神衛生状態が良い場合には身内など近しい人に八つ当たりしないような人でも、逆に精神衛生状態が悪くなってしまうときに激しい八つ当たりをしたり、暴言や暴力を振るう人もいます。余程のことがなければそうした問題行動には及ばないはずなのです。問題行動を起こしてしまう人としては、それだけ分かってほしいことがあるとも考える事が出来ます。

医師に相談する事も大切

多くのメンタル面における、精神衛生状態が悪くなってしまった場合の有効な改善方法としては、休息があります。休息を取ることは精神状態を改善するために非常に重要な行動のひとつです。仕事でのストレスや人間関係の悪化などといった比較的深刻なトラブルから距離を置き、リラックス状態を維持できれば、多くのメンタル面でのトラブルを改善する事ができる場合も多いと言われています。しかし家庭の事情などによっては仕事を継続しなければならない場合や、介護など他の家族の問題を抱え込んでしまっている場合などには事情が複雑化しやすく、精神病のリスクが高まりやすい環境となってしまうのです。仕事が忙しいと、食事もおろそかになってしまったり、家族との会話が薄らいでしまったりする場合もあります。こうした悪循環がメンタルに大きな負担を掛けることになってしまいます。あまりにも状況が悪く、身内や友人の相談だけでは限界を感じる場合には、できるだけ自分のことを理解してくれる味方を付ける工夫をする事も大切です。精神的に一杯一杯な状態では何かと八つ当たりしやすくなりますが、こうした状況において不安や悩みを理解してくれたり、相談に乗ってくれる人がいるだけでも、負荷の分配をする事が出来ます。どうしても無理が続くような場合であれば心療内科に相談をしましょう。心療内科では、例えば鬱病では精神療法や薬物を用いた療法などで治療を行います。生活に負担がかかっていると感じている場合にはできるだけ早めに医師に相談する事も大切です。

心ではなく脳の病気

医師

精神病はノイローゼなどの神経病と異なり脳の病気です。パニック障害やPTSD、トラウマなど身近な病気も精神病の一つです。時間はかかるものの完治させることは可能ですが、人に危害を加えるなど思い疾患もあるため、抜本的な治療が必要です。

Read More...

精神の病を治す為に

男性

精神病は昔であれば、あまり病気という認識を持たれませんでしたが、今では病気として認められるようになりました。特にうつ病は一番有名な精神病で、その症状はやる気がでない、何をしても楽しくない、と言ったことです。うつ病は治療すれば良くなります。周りのサポートも大切です。

Read More...

心を病む人が増えています

女性

何かとストレスが多い情報化社会では心を病む人が大勢います。心を病む事で引起される症状は非常に多いので、素人が判断する事は難しいです。とりあえずかかりつけの医師の診察を受け、精神病の疑いがあれば精神科への紹介を受ける事ができます。

Read More...

少しずつ状況を変える

ソファーに座った男性

精神病は早く対応することで、症状の軽減などに役立ちますが、つかず離れずといった関係にすることが大切です。現状では精神病は増えてしまう傾向が強いです。しかし、精神的なケアなどをしている企業も増えているので、将来的には減少していくといえます。

Read More...